fontgraphic

文字実験

オリジナルフォントをWEBフォント化しタイポグラフィとして動かしています。

続・明治教科書明朝欧文タイポグラフィ

CSSアニメ欧文タイポグラフィ

ミライゴシックタイポグラフィ

CSSアニメタイポグラフィ

古代文字タイポグラフィ

漢字以前に日本国内で使われていたという古代文字の一つ、秀真伝えをウェブフォント化しています。画像のような複雑な図柄ですがフォントデータですのでテキストと同様のデータ容量のため軽くサクサク動きます↓。

CSSアニメタイポグラフィ

続・明治教科書明朝タイポグラフィ

明治教科書明朝はフォント自体に現在使われている漢字を自動的に旧字体に置き換える機能がある特殊な一面も持っていますが、WEB上でも新字で入力した文字列を旧字に変換する機能を持たせてあり、デバイス環境に依存せずに旧漢字体としてWEBフォント表示させる技術はフォントグラフィック独自*です↓。

CSSアニメタイポグラフィ

*旧漢字変換機能はフォントグラフィック開発の独自のフォントです。Wordpressプラグインも開発しています。サイトへの組み込みなど承ります(要問い合わせ)。

90年代頃の過去のドット文字実験

1990年代インターネット黎明期においてデジタルアート作品はショックウェーブやフラッシュ、JAVAアプレットをはじめとするアニメーション全盛で主にCD-ROMやフロッピーディスクにて供給されていました。それらを超えるべくGIFアニメ&JSというHTML上で動く単純な手法にて独自に様々な作品を長いことかけて作っては公開していました。作り方としては、コックピットをイメージしてスケッチし、アニメーション位置を計算して効果的な画像分割を想定した上でPhotoshoopの鉛筆ツールで1pxづつドット絵で当時のWEBカラー16色以内にて書き起こし、分割したGIF群を1つづつ1コマ1コマGIFビルダーなどで極限まで軽くしてアニメ化しHTMLでtableにて組んだソースにJSソースでマウスオーバー時の反転を加えるという作業でした。

これらのWEBアートはアナログ電話回線でMacOS8+ネスケやIE、Windows98+IEの時代でもスムーズに動いていました。20年経った今、当時のフロッピーやCD-ROMコンテンツはOS環境やプラグインに依存するためほぼ動きませんが、GIFアニメ作品は現在でもパソコンやスマホ環境に依存することなくどんなデバイスでもほぼサクサク動き、当時のブラウン管モニターいっぱいだった解像度は今やスマホ画面の指先ほどしかありませんが拡大しても緻密で正確な動きを見せています。何度かサーバーがダウンしてサイトデータごと消滅してしまいましたが2020年にタイムマシンサイトにて復活再現しました。
コックピット型作品
98年頃

コックピット型GIFアニメイメージ/緑

2002年頃

コックピット型GIFアニメイメージ/青

アニメーションなし(当時出たばかりのCSSレイヤーを利用した色変更のみ)

コックピット型GIFアニメイメージ/赤

99年頃

コックピット型GIFアニメイメージ/白黒