テキンで活(凸)版印刷中

手作業で何十年も前のイギリス製活版手動印刷機ADANA(アダナ)のテキンを使って印刷しています。

テキンのインク調色中
テキンは版画のような要領でローラーにインクをつけ一回づつ紙を挟み込み印刷します。円盤状の金属板にインクを塗ってローラーでならします。白と黒のインクを混ぜてグレーの特色作成中。
3mm真鍮板
文字盤の金属は3mm厚の真鍮板です。
真鍮5mm厚の板の縁を金属ヤスリで削る
真鍮5mm厚の板の表面を水研ぎ中

テキンのチェースに版を取り付けるための台座は自分でオリジナル加工製作しています。真鍮5mm厚の板を名刺サイズにカットし、孔を座ぐり処理。チェースに取り付ける際に凸凹がないよう完全に平になるようにしています。表面は400番〜1000番の耐水ペーパーで水研ぎ。

5mm真鍮板
鏡面仕上げ。金属を伐ったり、研磨したり簡単そうに書いていますが、手は痛くなるはかなりの時間がかかる作業です。
テキンで活版
この隙間に紙を挟んでハンコのように押します。紙と版の面が平でないとうまく文字が印刷できませんので自作の真鍮5mm厚板をかましてチェースに文字版を取り付けました。ADANAは印字する時に最後に微妙な遊びがあり、ぐいっと紙を凹ませるような感覚で圧をかけます。
ディープマットブラックに特色グレー刷り
ディープマットブラックに刷るとこんな具合に。銀のようなにギラギラしてもおらずなんともいえない落ち着いた高級感のある色に仕上がりました。
活版印刷に適していそうな紙に自分で印刷

他にもハーフエア180kg(ホワイト、コルク、ヘンプ)、ケンラン360kg(白、黒)、ディープマット450kg(ホワイト、ブラック、ミストグレー)、特Aクッション 白1mm厚、コースター原紙 スノーブライト1mm厚、チップボール紙など活版印刷に適していそうな日本で用意できる紙全てに自分で印刷しました。電機も使わないこんな50年も前の道具で綺麗な印刷物ができあがるのです。文字はフォントグラフィックの逸品、FGBゼロ丸ゴシックです。丸ゴシックですがかわいくもなく落ち着いたデザインとなります。カタカナ類に特徴があり、活(凸)版印刷時の文字の墨溜まりをアール処理しているという印刷物になった時を想定した凝った作りのフォントです。

インク調合中
名刺仕上がり
チップボール紙
余っていたチップボール紙に試しに印刷。インクさえ乗ればどんな厚みのものでも印刷可能です。

その場で自分の手で刷るのですから、紙さえあればどんなものにも印刷可能です。デザイナーは一般的に印刷物は印刷所に発注しますからまさに夢のような環境です。印刷所に頼む場合はこれだけの紙で試し刷りはまず引き受けてもらえないでしょうし、仮にできたとしても相当のコストがかかるはずですが基本は自分で好きな紙をカットして用意し、プリントゴッコのように刷るだけです。
フォントグラフィック活版
今回の紙の選定は事前に活版に適していそうなものをチョイスしましたのでどれも甲乙つけがたくどの紙もそれぞれの特徴があります。その中でもベスト4をつけるならということで挙げます。
  1. ベスト1:特Aクッション 白1mm厚〜ブ厚く存在感がありますがわずかにエアーが入っており活版がちょうどよく圧がかかって凹んでくれます。色もハガキのようなオフホワイトで落ち着いています。コースター原紙に比べて高めのコスト。
  2. ベスト2:コースター原紙スノーホワイト1mm厚〜特Aクッションに次いでブ厚く存在感があります。特Aに比べると紙の繊維が密な気がします。色が青みがかかった白ですので個人的にはあまり好みではありませんが単価がとても安い。
  3. ベスト3:ディープマット450kgブラックにグレー刷り。この紙に活版用の白インクで刷りたかったのですがどうしても白がうまく出ず、試しにグレーにしたところバッチりでした。ディープマットは特Aやコースターに比べて固く、パキパキした手触り感です。特Aクッションと同じ位のコスト。
  4. ベスト4:ディープマット450kgホワイトとミストグレー。ブラックよりも2割ほど安価。ミストグレーが上品な色合いでお気に入りです。
特Aクッション 白1mm厚に黒インク刷り
ベスト1、特Aクッション 白1mm厚に黒インク刷り。そんなハンコみたいな手作り作業でまともな名刺ができるわけがないだろう?と半信半疑だったかと思いますがこんなに美しく仕上がりました。
フォントグラフィック活版
自然な手になじむような若干やわらかい素材感が上品さを醸し出します。コスト面でももうしぶんなく今後はこの紙メインで使うと思います。

*ADANAは活版印刷をするための機械ですので鉛活字を拾い、組んだ版をチェースという金属枠に固定して印刷します。この場合はイラストレーターなどで組んだデータを真鍮腐食版処理して凸形状の文字版を作り、テキンのチェースに固定して印刷しますので正確には凸版印刷となります。

フォントグラフィックではこのようなこだわりのある美しい活版名刺製作を承っております。ご相談、お見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ


Read more...

紙の選定

ハンドメイドでの活版印刷をするにあたりいろいろと紙を準備しています。

手触り感や凹みの微妙な仕上がりを検討するため、試作として紙を発注しました。これまで都内のいくつかの紙屋さんへ足を運んでいましたが発注〜入手まで何日かかかるためネットで注文しても同じということで紙名手配さんという京都の紙屋さんで注文。活版オススメの紙を提示してくれたりと親切。

ハーフエア:コットン 180kg、コルク、ヘンプなど凹凸の出やすい紙をチョイスしています。その他、コースター原紙のサンプル。

何十年も前の古いアダナのマニュアルに従って、版面を取り付けるための補助木を製作中。ホウの木を細かく切り刻んで版を固定するための部材を自作したいと思います。昔はこんなに苦労して版を作っていたんですね。版画、ハンコと構造は同じです。凹凸感を強調するため、ゴム素材などを自己流で試作中。

活版印刷用紙の選定
活版印刷用紙の選定
活版印刷用紙の選定
活版印刷用紙の選定

同時にエンボス用の版をシュミレーション中。ネガとポジのフォントサイズのウエイトを調整中。

エンボス用の版デザイン中
エンボス用のネガ版デザイン中
Read more...
Subscribe to this RSS feed

ログイン or 会員登録

登録前に「よくある質問サイト利用規約フォント利用規約ページを熟読ください。登録者は全ての規約に同意したものとみなします。

fontgraphic.jpからのメールを受信できる設定にしてから登録してください。