FGWEBミライ連のウェブ化

続・和文フリーフォント集収録のFGWEBミライ連フォントのWEBフォント化テスト中です。いま、このfontgraphic.jpサイト全体に表示させています。横のラインが全部繋がるという日本語でありながらアラビア文字のような特殊な雰囲気を持つ珍しいデザインのフォントとなります。

FGミライ連

「FGWEBミライ連」の基本骨骼である「FGWEBミライ」は欧文と混植した場合のバランスに配慮してデザインしています。ウエイトはFGミライよりも細く、OSXヒラギノW3、Windowsメイリオ相当ですが、各OSブラウザのフォントレンダリングの違いを考慮したベストバランスにてウエイトチューニングしています。フォントフォーマット化においてはベジェの1ドット単位、極限まで容量を絞り込み無駄のないフォントデータ構造となり、欧文フォント並み、或は小さなGIF画像並み(30〜60KB程度)にまで軽量化を計り、瞬時にブラウザ表示させます。回線を問わずネットのブラウザ表示速度にまったく影響を及ぼすことがありません。

FGWEBミライイメージ
FGWEBミライイメージ
FGWEBミライイメージ
FGWEBミライイメージ
FGWEBミライイメージ
FGWEBミライイメージ

デザインの特徴

一般的なフォントが全角あるいはプロポーショナルに対し、このFGWEBミライは、横幅が仮名84%、欧文67.5%の変則等幅構造、縦の高さは仮名欧文ともにベースライン・アセンダーラインを揃えるという他に類を見ない設計となっており、その狭い文字幅は欧文と並んだ場合の統一感を持たせ、日本語の仮名を新しく美しく、格好よくリデザインするというコンセプトの元に創ったフォントです。一見、ひとつひとつの文字は「る」や「ろ」、「が」など仮名のデザインルールからは大きく逸脱するような独創的な形状ですが、読む人はグリフ単体で認識するのではなく文章の流れで認識するものですので人の目はすぐに慣れるものだと思っています。

その文字幅のコンパクトさはスマートフォンのような小さな面積の画面では20%ほど多めに文字を表示させることが可能です。細かい部分では視認性の向上を高めるため欧文の墨溜まり部分は適度に削っています。

FGWEBミライイメージ
FGWEBミライイメージ
FGWEBミライイメージ

FGミライとFGWEBミライのウエイトの比較

FGミライとFGWEBミライのウエイトの比較

※左の「あ」はFGミディアムオールドです。FGミライとFGミディアムオールド系は仮名のいくつかは共通です。

実際WEBに表示させてみると見慣れない文字組みで、他に類をみたことがない斬新な日本語デザインです。このWEBフォントは書籍収録版よりもウエイトが細いバージョンとなっておりOSXとWindows、iPhoneなどのシステム漢字フォントとのウエイトバランスを最適化しています。近日発売予定。

パソコン用オープンタイプフォントFGミライ連が必要な方は「続・和文フリーフォント集 」をお買い求めください。わずか2,100円+税でネットでは入手できないフリーフォントが多数入手可能です。

Read more...
Subscribe to this RSS feed

ログイン or 会員登録

登録前に「よくある質問サイト利用規約フォント利用規約ページを熟読ください。登録者は全ての規約に同意したものとみなします。

fontgraphic.jpからのメールを受信できる設定にしてから登録してください。