明治期のオールド明朝体10

FGP明治教科書明朝、旧字明朝の平仮名の「ろ」を見直し中。

前回の記事で「そ」をベースにしていることは書きました。しかし厳密に考えると、現代人には「ろ」に見えたとしても文字の歴史的観念からすれば「そ」ではNGかもしれません。

これは、明治二十五年発行の辞書です。この時代の「そ」と「ろ」は一見区別がつかなそうで「そ」のほうが長体かかったような細身な形状です。現代人には「たるろし」と読めそうですが、「おそろし」です↓。

FGP明治教科書明朝イメージ

これも同じ辞書の他の頁。「とどろ」、「おいそ」。「ろ」のほうが巾が広いですね↓。

FGP明治教科書明朝イメージ

「沼田順匡校 明治二十一年発行、高等読本字引」の活字をベースにしています↓。

FGP明治教科書明朝イメージ

「ろ」は二系統レタリングしました。こちらは旧字(厳密には旧字という意味ではありません*)バージョン↓。

FGP明治教科書明朝イメージ

*このフォントは漢字を自動的に旧漢字に変換させる仕様となっています。平仮名の「ゆ」と「ろ」には旧漢字版と標準漢字版で差異を持たせました。

標準字バージョン↓。

FGP明治教科書明朝イメージ

合わせてWEBフォントも改変しました。いま、このサイトで表示させているWEBフォントは、旧字バージョンの「ろ」です。

店頭で購入された方、「ろ」の形状を変更したバーションを提供させていただきますので連絡ください。現在店頭に並んでいるバージョンは順次差し替えさせていただきます。

春の奥渋イベントに続いて7月31日(日)にタイポグラフィのワークショップを開催することになりましたがそのあたりのことを少し話そうかと思います。また、会場では7月25日(月)〜31日(日)まで展示する計画で、この辞書も展示します。

FGP明治教科書明朝フォント価格のご案内


FGP明治教科書明朝は都内のセレクトショップのみでCD-ROMパッケージとして販売中です。媒体、使用層、用途によっての変動価格です。ライセンスはフォントグラフィック独自ライセンスです。限定オールハンドメイド特製見本帳orオール活版特製グリーティングカード付き(見本帳はあくまで付録品ですので取扱店舗によって異なる場合がございます)。

FGP明治教科書明朝の取扱店(敬略称)

学芸大学BOOK AND SONS
http://bookandsons.com/

奥渋SPBS
http://www.shibuyabooks.co.jp/

奥渋mjandfriends
https://www.instagram.com/mjandfriends/

購入層価格(TTF&OTF&新字・旧字)
個人/デザイナー/フリーランス/同人誌
デザインを生業としない法人や店舗
6,000円
(TTF&OTF&新字・旧字)
会社法人(デザイン・映像など)30,000円
(TTF&OTF&新字・旧字)
文字を主体とする製品(名入れ・印刷関連業など)
orサービス
事業規模により応談/年契約
カスタマイズ可能

1ライセンスにつき、PC1台。

*Webフォントは単体では販売しません。パッケージ購入者のうち希望者へ1URLにつき1ライセンス無償提供。

Read more...

奥渋レタープレスのイベント

2月28日、奥渋おくしぶSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(以降SPBSエスピービーエス)さんにて、イベントが開かれました。日曜の朝10時、予想以上の人数にんずうのお客様(定員20名のところ30名近く/締め切りになってしまった方々申しわけございませんでした)にお越しいただきまして本当ほんとうにありがとうございます。

※この記事はさきほど話してきた内容を自分で思い出しながら記録したものですので、覚えている範囲にて書いています。

http://www.shibuyabooks.co.jp/bookshop/okushibu_letterpress/

SPBS2016年2月28日フォント博士、大谷秀映さんに「タイポグラフィ」を学ぶ。

SPBS2016年2月28日フォント博士、大谷秀映さんに「タイポグラフィ」を学ぶ。

SPBS2016年2月28日フォント博士、大谷秀映さんに「タイポグラフィ」を学ぶ。

↑来場者には、入口でこの日のために手作りで用意した、小冊子、カード、辞書じしょレプリカがわたされました。レプリカなどの製作は過去記事に紹介しています。初めてこのページにいらした方は1番から8番まで順に見て下さい。この日公開した印刷物を製作する過程がおおまかに見れます(実際は構想を含めて年単位でかかっています)。

.

フェア「奥渋レタープレス」開催記念

フォント博士、大谷秀映さんに「タイポグラフィ」をまなぶ。

始まる前に、私のほうから来場者に、このイベントにいらした経緯けいい、デザイナーさんの比率をお聞きし、2/3位がデザイナーさん、1/3ほどがデザイン関係かんけいではない方ということを確認しました。ということでなるべくわかりやすく & デザイナーさんにも対応した感じで進行。イベントはSPBSの担当の方の司会により始まりました。要所で質問により、回答というスタイル。

Q:どういうきっかけで日本語の文字を作り始めましたか?

A:もともと、紙のデザインの仕事をしており、写植しゃしょくなどを使った製作スタイルから入り、自然と文字について身近に感じるようになり、90年代に古代文字をフォントとして作り出したこと。など。

SPBS2016年2月28日フォント博士、大谷秀映さんに「タイポグラフィ」を学ぶ。

↑90年代に作っていた古代文字フォント。当時は1バイトのフォントでしたがいまは日本語化中。

HOMAGE TO HELVETICA

The Helvetica Book

そして、10年以上前、オマージュトゥタイプフェイスという本を目にし、ヘルベチカの本というのを作った。左がHOMAGE...ですが、壊れてしまったので自分で修理中の写真しゃしん

Q:そういう本はどういう経緯で出したのですか?

当時作っていたフォントや作品などが海外のデザイン書籍などで取り上げられ、日本の出版社さんなどからもお声がけいただくようになりました。90年代に、複数人でフォントの本を作ったこともありましたが、いつか自分でも本を作ってみたいと思っていたので自然にその流れの中で本を作ることになりました。

ヘルベチカの本については、ヘルベチカやそのベースとなった文字の作者は既にこの世には存在していないので、私のようなどこの馬の骨ともわからないような部外者は、何も書くことができない。ただ、その生い立ちをなぞるだけ & それでもいくつかの間違いもあり反省もある、など。以下省略。

そうした流れで、昨年度は「続・和文フリーフォント集」出版。第一弾は5年前に出し7刷りまで、第二弾の続編は最近増刷の話など。

.

明治教科書明朝について

次は今回のメインである古い教科書の話です。

明治時代の教科書年表

年表を作りました(使用フォント:FGP明治教科書旧字きゅうじ明朝)。私が持っている昔の教科書を時代ごとに分類。ただ、私は学者ではないのでそれほど詳しいわけではなく、純粋に文字のカタチだけに興味を持っています。また、日本のタイポグラフィデザイン書籍などでは、有名な活字をメインにしているが、自分の場合は独自どくじ資料を元に昔の教科書を分類整理し、一世紀せいき前の人間が書いた文字を今の時代に合わせて編集し、リデザインしながらフォント化している、など。

明治時代の教科書

教科書は数千冊の中から絞り込み、時代によって分類。そして、古いものほどクセがあって読みにくい。大正時代など近代に入るほど読みやすくなる。新聞や、パソコンなどのバンドルとして進化するうちに読みやすい文字になってしまった、しかし、自分はそこから時代に逆行し、100年前当時の活字に習ってフォント化している、そういうへそ曲がりが居てもいいんぢゃないか、など。

SPBS2016年2月28日フォント博士、大谷秀映さんに「タイポグラフィ」を学ぶ。

↑トークショーの様子。トークショーというと話すのが得意な人が流暢にしゃべる印象がありますが、人前で話すのはあまり慣れていません。普段はパソコンの前で独り言ばかりですが今日はなんとか頑張りました。

SPBS2016年2月28日フォント博士、大谷秀映さんに「タイポグラフィ」を学ぶ。

↑明治時代の辞書の活字をプロジェクターに映して。今日初めて知りましたが、iPhoneからプロジェクターに繋げるのですね。便利な時代になったものです。プロジェクターには変体仮名へんたいがなの「ゆ」が映ってます。そば屋の看板やメニューなど、いま、変体仮名のフォントを作り始めている話などを少し。

.

明治教科書明朝タイポグラフィ

和文タイポグラフィ

↑来場者にお渡しした辞書レプリカのタイポグラフィ。日本人は欧文おうぶんのタイポグラフィをありがたがる、かっこいいと感じる風潮があるが、あ、いや、今はそういうことを云う人はあまりいないかもしれないが、この一世紀前の文字で作った和紙のタイポグラフィはなんて美しいんでしょう。皆さんにお渡ししているのは、蛍光けいこう色刷りあり、それぞれ色が違います。スミ刷りのものは、実はウラ刷りです。薄い透ける和紙なのでそうした実験的な試み。

和文タイポグラフィ

↑来場者にお渡しした私の名刺のウラです。ポジティブな日本語の挨拶などをタイポグラフィで表現、その他、グリーティングカードなども作成中。

和文タイポグラフィ半角カタカナ名刺

↑名刺をタイポグラフィで表現中。日本人が海外に行った場合は英語の名刺を作ると思うが、これはその逆。外人が日本に来て名刺を作る場合に、単なる普通のフォントではなく、カタカナを組み合わせて記号化して作る提案。かっこいい日本語フォントを作る。

和文タイポグラフィ半角カタカナ名刺

↑名刺を明治教科書明朝タイポグラフィで平仮名で表現する提案。

.

おわりに

以上、最後はこの明治時代のオールド明朝フォントは、私が作っているのではなく、一世紀前に生きた人が書いた文字を活字化したものを更に私が編集してフォントとして成り立たせたものです。私は文字を作っているのではなく江戸時代に生まれた昔の人の魂によって作らされているのです。

.

.

質疑応答

一つ目。欧文はどうしたのですか?

A:ガラモンやGoudyなどのオールドローマン系を意識して作っています。

明治教科書明朝とオールドローマンとの比較図

↑会場には欧文の資料は忘れたので後でネットにアップします、ということで記録として作っている他のオールドローマンとの比較図です。黒いのがFGP明治教科書明朝です。オールドローマンを意識しつつも、オールドローマンの現代の使用デバイス環境における最適化を考えています。例えばスミだまりや拡大した時のエッジの綺麗さ、ディセンダーの長さなどを意識して作っています。

二つ目。半角フォントはカナ文字界を意識しましたか?

半角かなグリフ解剖図

A:多少は意識していますが、あれはカタカナだけ、というのとあのルールに沿ったのでは読むのに無理があるのではと考えますので、私は平仮名、片仮名、欧文、数字記号、漢字の全角を総合的に揃えつつ、読み物になった場合に適格に機能するという考えで作っています。

三つ目。漢字は何かベースにしているものはありますか?

A:ノーコメント。自分が作っているフォントは、IPAベース、源ノ角ベース、オープンソースベース、完全オリジナルがありますが、一番ネックになるのがライセンスですのでコメントは控えさせていただきます。IPAではないのと、ライセンスに抵触しないよう細心の注意をはらっています。

四つ目。さきほど見た教科書の挿絵さしえは細かいがいつ位から?

A:資料を精査しないとなんとも云えませんがたぶん大正時代に入ってからだと思います。古いものは浮世絵うきよえのような版画はんが風です。すみません、資料はたくさんありますが、絵はあまり見ておらず、今のところ文字しか見ていません。

五つ目。教科書たいについて?

A:教科書体に詳しくありません。近代の教科書はいわゆる教科書体のような字体ですが、明治期の教科書はほとんどが明朝体です。

六つ目。製本はどうやっているのですか?

A:A4で和製本ベースです。最初和綴じで進めていましたが和風になりすぎましたので糸綴じ部分をミシン縫いで。針は16番、糸は20番木綿と、太いものを使います。20番の木綿はほとんど色の選択肢がありません。イラレでレイヤー、トンボは単純な真ん中線、普通の洋製本に比べて驚くほど簡単にできます。

七つ目。なぜ教科書をベースにしたのですか?

A:一般的なデザイン本などでは、有名な活版所由来の活字から作られたフォントが紹介されます。しかし、明治期の日本で、しかも当時生きた子供たちの読み書きに触れる初めての書物として、教科書は当時の、「読みやすく小学生にも理解できる文字」ということで作られたはずと予想されますのでそこに着目しました。

和文タイポグラフィグリーティングカード

↑タイプフェイス文字を使ったグリーティングカードタイポグラフィ(これは試作品ですので実際の色とは異なります)。SRGさんから発売はつばいです。一般的にデザイナーはありもののフォントでこうした文字の特徴を全面に出した製品はライセンス上作れない(作るのが憚られる)はずですが、私の場合はこうした製品が作れます。100%コットン紙のグリーティングカードは、奥渋、SPBSさんとMJ & Friendsさんの店頭で購入できます。

.

あとがき

人はできあがったアウトプットだけを見て、製品を購入しているのが一般的かと思いますが、私はその製品ができあがる過程がむしろ大事だと思っています。文字のような、デザインの根幹に関わるものはそれがどういう過程を踏んで出現したのかが重要と考えますので、このような記録を、元資料とともになるべく残すようにしています。ですので今回のようなイベントを開催してくださった書店SPBSさんと、活版グリーティングカードを手作りで印刷していただいたSRGさんには大変感謝しております。SRGさんは、元々英国の活版機ADANAやハイデルベルグの巨大な活版機など古い印刷機材をコレクションしており、校正機を奥渋のもう一つのイベント会場であるご近所の「コーヒー器具とハンドクラフトの店-MJ & Friends」さんで3月3日まで展示しています。

.

価格について

以上、今回のこのイベントに関わった全ての方々に感謝致します。来場してくださったお客様ありがとうございました!

そして何人もの方々がFGP明治教科書明朝を購入いただき大変感謝しております。このフォントは現在ネット販売ではなく(遠方で上京するのが難しい方はメールにてご案内します)、奥渋のSPBSさんとMJ & Friendsさんのみで購入できます。実際にフォントで組んだ古い教科書のレプリカ見本帳、グリーティングカード二枚、活版CD-ジャケットが付録されます。一般、個人デザイナー、フリーランスなど6,000円+税/デザイン会社法人など30,000円+税、文字を主体としたサービス & 製品目的は応相談にて、使用ユーザーによる価格変動制です。

※今回のこのイベントは、明治教科書明朝フォント作成計画第一弾としての始まりにすぎません。第二弾を3ヶ月後位に予定していますので、ご興味のある方は、フォントグラフィックサイトに会員登録なさるか、Facebookのfontgraphicページへいいねをお願いします。お知らせのご案内をさせていただきます。

Read more...

明治期のオールド明朝体8

新字体で入力したテキストを旧漢字で表示させるオールド明朝体Webフォントが完成し、今このサイト全体を旧字化して表示させています。たぶんWebフォントでこのような試みは世界で初めてなはずです(紙では既に自分でやってます)。特徴的な旧字はほぼ全て変換させます。OSX、Windowsの新しめのOS、iOS対応。それ以外のデバイスでは内蔵漢字との相性が合わないでしょう。300余字の旧漢字例文(長文)です。さて、あなたは読む事ができるでしょうか?↓。

与党は東京都世田谷区経堂と両国国技館で並んだ乗用車が応仁の乱によって亀有で、亜流な仮名書体を持つ会社の伝道師が体育大学の余暇で学校の価格を後悔した。倹小僧は百冊を写真館で当選券と引き換え、戦前に剣と解毒剤を余剰摂取し、その労力を医者によって即採用された。返却は厳格に参上し、双壁は一号、呉に向い告知、陣営に味噌を送り団結せしむ。周囲は図画工作、日本国の成層圏で盗塁し敵に塩を送る声がする。読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、変人国宝ハ寝ナガラ対等ニ寿退社専用、将軍ハ日本尊、海軍所属デ悪ノ巣窟ハ重工業。新巻鮭ハ帯広一帯ニ広ガリ帰ル。気象庁発表、北海道知床の廃屋で文字の勉強する彦、直径、恋人は恒星で悦に入り悩み、情けと生憎、戦争ハ神戸デ拡大シ、挙闘ハ捜査ノ迎撃ニヨリ鋭敏、教科書明朝ハ数学デ中断。既成事実は旧字と昼休みの弁当。曽、来訪者によって栄へゆき、桜咲く桟橋で水戸の梅を歯の検査で楼上、音楽ハ概出、黒沢様、神奈川県横浜市の次、欧文は歴史で残念な殴打、気象庁発表によると明日は晴れ自浄作用は浅草寺、かつては清い渓谷の渋谷区では東京湾渋滞情報による潜伏、その点、外国為替市場ノ焼失。表彰状ハ独国ノ狩猟民族ニ献上、獣ハ産業、寝て一畳、公益法人で発行、礼儀作法を祝い、発祥の地で元禄絵巻の禅、福岡県の秘密、税法改正、窓の社、粘着気質の糸がほぐれる。壮絶な継続、総合、緑あふれる練馬区、絶縁状、沖縄県は縦横無尽、合羽橋、聖人&聡明に聴こえる脱走した脳神経によって内臓型の艶のある芸で草の茎が萌ゆる。大蔵省ハ薬袋デ虚構ノ国ヲ作リ虫ノ蚕ハ国ノ産業デアリ蛍ハ野蛮人デ自衛隊装備品ハ視覚伝達ト聴覚ニヨリ、ゴ覧ノトホリ全テ旧字体ニ変換サレル。観閲ハ誤訳ニヨル証拠デ誉、小説デ請求、豊島区ハ贈与税ノ痕跡ガ無ク転回、辞書ハ渡辺様、郷土愛ハ残酷。横浜市営地下鉄で鋭い付録、関東地方で闘い、保険は戸隠村に雪が降る。霊は青い静かな海に反響し、顔と飯、小学館で駅前駆動、試験は黄色い目黒区。全部読めましたか?

テキストコピペorHTMLソースを見れば新字です/unicode順にランダムに新旧漢字仮名混じりで文字組みしてますので内容は支離滅裂で特に意味はありません)

※紙向け旧字は450字あまりの全ての漢字を変換していますが、Web用は容量を押さえるため、グリフ形状の差が小さいものは変換していません。

例えば、童話などを新字体で書くと、次のように表示されます。

名作:セロひきのゴーシュ改、明朝描きのゴーシ


 ゴーシは町の文字文字活版館で明朝体を作る係りでした。けれどもあんまり上手でないという評判でした。上手でないどころではなく実は仲間の作り手のなかではいちばん下手でしたから、いつでも親方にいじめられるのでした。
ひるすぎみんなはパソコンの前に座って今度の町の品評会へ出すタイポグラフィをデザインしていました。
ゴシック体担当は一生けん命主張しています。
丸ゴシック隊も二いろ風のように描いています。
オールドローマン係もチクチクとそれに手伝っています。
ゴーシも口をりんと結んで眼を皿のようにしてパソコンを見つめながらもう一心にマウスをにぎっています。
にわかにぱたっと親方が両手を鳴らしました。みんなぴたりと文字作りをやめてしゅんとしました。親方がどなりました。
「明朝がだめだ。(ゆ)の曲線、そこからやり直し。はいっ。」
みんなは今の所の少し前の所からやり直しました。ゴーシは顔をまっ赤にして額に汗を出しながらやっといま云われたところを描き直しました。ほっと安心しながら、つづけて描いていますと親方がまた手をぱっと拍ちました。
「明朝っ。線が合わない。困るなあ。ぼくはきみにイラレを教えてまでいるひまはないんだがなあ。」
みんなは気の毒そうにしてわざとじぶんのパソコンをのぞき込んだりじぶんのスマホをはじいて見たりしています。ゴーシはあわてて線を直しました。これはじつはゴーシも悪いのですがマウスもずいぶん悪いのでした。
「今の前の線から。はいっ。」
みんなはまたはじめました。ゴーシも口をまげて一生けん命です。そしてこんどはかなり進みました。いいあんばいだと思っていると親方がおどすような形をしてまたぱたっと手を拍ちました。またかとゴーシはどきっとしましたがありがたいことにはこんどは別の人でした。ゴーシはそこでさっきじぶんのときみんながしたようにわざとじぶんのパソコン画面へ眼を近づけて何か考えるふりをしていました。
「ではすぐ今の次。はいっ。」
そらと思って描き出したかと思うといきなり親方が足をどんと踏んでどなり出しました。
「だめだ。まるでなっていない。このへんはタイポグラフィの心臓なんだ。フォントも作ったことのない者が何がタイポグラフィだ。諸君。品評会までもうあと十日しかないんだよ。文字を専門にやっているぼくらがあのタイポセミナーだのデザインの丁稚なんかの寄り集りに負けてしまったらいったいわれわれの面目はどうなるんだ。おいゴーシ君。君には困るんだがなあ。線ということがまるでできてない。かっこいいも悪いもセンスというものがさっぱり出ないんだ。それにどうしてもぴたっと外の線と合わないものなあ。いつでもきみだけとけた靴のひもを引きずってみんなのあとをついてあるくようなんだ、困るよ、しっかりしてくれないとねえ。光輝あるわが文字文字活版団がきみ一人のために悪評をとるようなことでは、みんなへもまったく気の毒だからな。では今日は練習はここまで、休んで六時にはかっきりスタジオへ入ってくれ給え。」

セロ弾きのゴーシュ、原文はこちら

FGP明治教科書明朝フォント価格のご案内


FGP明治教科書明朝は紙向けとWeb向けの両方で進んでいます。媒体、使用層、用途によっての変動価格を予定しています。ライセンスはフォントグラフィック独自ライセンスです。

2/28都内一部店舗にてこのフォントを使った活版グリーティングカード付き、特製活版印刷バージョンCD-ROMパッケージを販売予定です。

購入層価格(TTF&OTF&新字・旧字)
個人/デザイナー/フリーランス/同人誌
デザインを生業としない法人や店舗
6,000円
(TTF&OTF&新字・旧字)
会社法人(デザイン・映像など)30,000円
(TTF&OTF&新字・旧字)
文字を主体とする製品(名入れ・印刷関連業など)
orサービス
事業規模により応談/年契約
カスタマイズ可能

1ライセンスにつき、PC1台。

*Webフォントは単体では販売しません。パッケージ購入者のうち希望者へ1URLにつき1ライセンス無償提供。

Read more...

明治期のオールド明朝体7

教科書に続いてフォントで字引(辞書)再現中。明治の100年前の辞書は近代の辞書に比べてシンプルで美しい。

FGP明治教科書明朝文字見本帳辞書イメージ

↑明治21年発行の辞書をリアルに作っています。全てFGP明治教科書旧字明朝体フォントで組んだものをティッシュペーパー並に薄い因州和紙に墨100%で印刷し、撮影しました。超繊細で吹けば飛んで行くような薄い紙です。レトロ感を出すために年代物のライカレンズ絞り開放にて撮影してますのでまわりがボケボケです。

FGP明治教科書明朝文字見本帳辞書イメージ

↑赤で印刷。

*現代では世界共通語になった「カワイイ」は、明治時代には「かはゆし」と云っていたんですね(「ゆ」自体読めないですが。。)。訳は「カハユソウデアル」と書いてありました。その他、聴いた事もないような言葉ばかりで文字を解読するのにものすごく時間がかかりましたがなんとなく明治期の言葉使いが理解できてきました。

FGP明治教科書明朝文字見本帳辞書イメージ

↑シアン100%で印刷。

FGP明治教科書明朝文字見本帳辞書イメージ

↑これは本物です。明治二十一年発行。ほぼ変体仮名のオンパレードで現代人には読むのは難しいかと思います。

FGP明治教科書明朝文字見本帳辞書イメージ

↑インストールしたFGP明治教科書旧字明朝体でデザインしている様子。普通に新字漢字で入力してもご覧のように全漢字旧字&異体字に変換されるという珍しい明朝体フォントとなります。

明治期のオールド明朝体8に続く。

Read more...

明治期のオールド明朝体6

2.18追記:この記事は旧漢字で入力したものではありません。新字体で入力したテキストを旧漢字で表示させるオールド明朝体Webフォント速度テスト中でもあります。

与党、世田谷区、両国、並列、乗用車、応仁の乱、亀有、戦争、亜流、仮名、株式会社、伝道師、体育大学、芸術、朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、毎日新聞..etc..

教科書作りが進行中で、とりあえず七合目位まできました。しかし教科書を作るのが目的ではなく、組んでいるフォントが主役ですので本は今後、教科書になったり童話になったり変わる予定です。FGP明治教科書旧字明朝フォントの特徴としては所蔵している19世紀(明治初期-中期)の大日本帝国文部省発行教科書数百冊の中から選びぬいた活字を基本に忠実にレタリングし、パソコン用に最適化して現代に蘇らせた文字となります。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑製本の糸綴じを蛍光色にするか検討中。ここ数日様々な糸専門店通いで、色の糸がたくさんあるのを知りました。素材も綿やポリエステルなど、試しに縫って製本、&テスト中です。どうでもいいようなことかと思われるかもしれませんが、同じ糸色でも紙の印字の色に合わせるとなると、微妙な違いでデザインバランスが悪くなってきます。基本は総合的に俯瞰してみてパッケージとしてデザイン破綻していないか、バランスがとれて自然になっているかがポイントかと思います。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑字形サンプル作成。「角川新字源」、「字通」(白川静著・平凡社刊)で示されているすべての漢字が自動的に旧漢字に、&,昔の教科書に使用されていた旧字に変換されるようにしています。また、しんにょうが二点しんにょうに、「工」、「世」などのいくつかの漢字を異体字として作り、一部の仮名を明治時代の教科書に忠実に習い変体仮名としてますのでたぶん百歳以上の方でないと読めないのが「ゆ」です。その他、「も」は現代の日本語では横線二本が一般的ですが、あえて昔の仮名で使われていた一本線デザインとしました。

計450字以上にのぼる漢字を旧字・異体字として作っていますので、このフォントを使うと現代文でも明治期の活字書籍のように組まれるという他に類を見ないフォントグラフィック独自の特殊フォントとなります。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑欧文は伝統的なオールドローマン系を自己流にデザイン、オリジナル書体としてフォント化しています。図はガラモンなどオールドローマン系とのグリフ比較です。「&」はイタリック風なデザインで、厳密にはこのローマン体に合わせたetの合体字とすべきところですがそこは、多少遊んでいます。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. &AQ

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

↑欧文Webフォントテスト。font-size:48px、line-height:1です。Webで行間(line-height)を1にした場合g、p、qなどが下の行の「l」や大文字とくっついてしまうのが気に入らないため欧文としてはディセンダーをかなり短めに設計しましたが、バランス的にはもう少し長めでもいいかもしれません。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑拡大するとより違いがわかります。例えばポスターなどの大きなサイズで作っても、Webフォントのような画面上微細なサイズでも綺麗に表示されるように配慮しています。スミ溜まり小さめ。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑フォント作成ソフトの図。スミ溜まりの有無バージョン二種類を作成中です。スミ溜まりは明治期の活字でインクの滲みを忠実に再現しているので拡大すると丸っこい味のある雰囲気のフォントになります。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑フォント作成ソフトの図。スミ溜まりのあるのを紙向け、スミ溜まりのない容量の少ないほうをWebフォント向けとして開発中です。一文字ひと文字のドットの数によって、日本語フォントは何千文字もありますから、スミ溜まりのあるフォントデータは約3倍ほど重くなってきます。上図を見るとちょうどスミ溜まりなしのグリフに比べてスミ溜まりありドットが3倍位あるのがわかりますでしょうか。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑Webフォント化しました。OSX、Windows、iOS全てのデバイスでオールド明朝体表示されているはずです。画像は今ご覧になっているこのサイトの裏側です。普通ウェブデザイナーはCSSのソースなどを編集してサイトを作るかと思いますが、私の場合は独自にWebフォントが変更できるような仕組みをPHPで作り込んでいるためボタン一つで一発変換可能です。Webフォント容量は60KB程度までシェイプアップしているため表示速度はまったく問題なし。今後、Wordpressプラグインも販売予定です。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑i-Phoneでのテスト。20ポイントとWebサイトとしては大きめのサイズで表示させています。あなたの環境ではこの記事はオールド明朝として表示されていますか?

明治期のオールド明朝体7に続く。

Read more...

明治期のオールド明朝体5

復刻中の教科書ですが、β盤プロトタイプとして何部か完成しました。今後、変わる可能性もありますが、今の所進んでいるデザインを紹介します。全て手作りですので素材や製本などを工夫しています。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑製本は当初、和綴じで進んでいましたが和風寄りになりすぎましたので工業用ミシン縫いで手製本です。糸は#20というジーンズ用のを使用しています。ブ厚い紙の束を縫うのは結構大変ですがしっかりと製本されます。紙は書道半紙、包装紙、ワラ半紙など試行錯誤中です。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑表紙です。高級和紙、普及品和紙、高級〜一般的書道用紙、ワラ半紙、クラフト紙などあらゆる種類を試し中ですがコスト面、印字効果面、風合いから包装紙(100kg程度)のツヤ面を表に印刷するのが暫定案。本文の色はスミにするか、青系にするかシュミレーション中です。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑こんな感じでミシン縫い。写真はCD-ROMケースを縫っている様子。ワラ半紙です。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑全てのページは袋綴じで作り込みました。綴じた中ページの裏映りもデザインの一部として作っています。この明朝体フォントはかなりうねっていて、本文として組んだ時でもタイトルで組んだ時でも個性あふれる風合いのある書体です。明治期の教科書から複数種の活字を抽出し、仮名のバランスを調整して再構築したフォントになりまして、特に「か」や「る」、「も」の筆運びなど特徴的です。100年前の活版文字はなんて美しかったんだろうと本文を眺めているだけでうっとりしてしまいます。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑大昔の書物です。江戸期〜明治期の教科書や書物は和綴じで薄い和紙のものも多いです。微妙にウラ映りしているのに感動し、数年前これらの本を手にした時から、いつかこういう本を作ってみたいと決心して始めた活版フォントから全行程自己完結型の製本。ようやく現実的なカタチとなってきました。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑本文内容は戦前の小学生向けの教科書ですが、現代人に当てはまるように大幅に書き直しています。名刺の渡し方や歩き方(スマホを見ながら歩かない)など社会人のマナーとしても活用できる内容となっております。日本語タイトルは「礼儀作法」ですので、英語タイトルは「Good manners」としました。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑洋製本でいう小口の部分は、明治時代の様式を取り入れ、折りとしてミシン目入りの切り込み仕上げ。1頁ごとに「キリトリ線」表示。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑袋とじを破いた様子。中からは収録フォント欧文見本や巨大Q数の字形印字サンプルが出現します。本全体の色は藍色、袋綴じの中は補色の朱色とし、スタンプインクで印刷したようなレトロな雰囲気を狙いました。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑CD-CASEは同色の糸で縫いました。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑裏表紙もミシンでしっかり綴じました。糸の色は袋綴じ部分の朱色に合わせています。欧文は、伝統的なオールドローマン系をイメージしたオリジナル書体としてデザインしています。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑このように全部のページに裏がスケスケになります。そして、全文字旧漢字&異体字です。続・和文フリーフォント集ではゴシックバージョンの旧漢字フォントを収録しましたが、今度は明朝体の全漢字をパーフェクトに旧字にしました。

FGP明治教科書明朝文字見本帳

↑全ての文字組にはQ数と行送りを示し、文字見本としての役割をはたしています。

FGP明治教科書旧字明朝の特徴〜所蔵している19世紀(明治初期-中期)の大日本帝国文部省発行教科書数百冊の中から選びぬいた活字を基本にレタリングし、パソコン用に最適化して現代に蘇らせた文字です。

「角川新字源」、「字通」(白川静著・平凡社刊)で示されているすべての漢字が自動的に旧漢字に、及び昔の教科書に使用されていた旧字に変換されるようにしています。また、しんにょうが二点しんにょうに、「工」、「世」などのいくつかの漢字を異体字として作り、計450字以上にのぼる漢字を旧字・異体字として作っています。このフォントで組むとあら不思議?!現代文でも明治期の活字書籍のようになるという他に類を見ない独自の特殊フォントとなります。

明治期のオールド明朝体6に続く。

Read more...

明治期のオールド明朝体4

明治時代の教科書で使われていた活字をベースにしたフォントが一つ完成しつつあります。そして、そのフォントで昔の教科書を精密に復元中です。和綴じにするか他の綴じ方にするかはまだ検討段階の試作品であります。

昔の教科書

↑表紙です。尋常小学校、今から80年ほど前の戦前の教科書をベースに現代流に復元しました。

昔の教科書

↑表4(ウラ表紙)。南蛮文字見本も忘れません。

昔の教科書

↑もくろく。この教科書の内容は昔の小学生向けに書かれたものですが、十分に現代人にもあてはまりますので、今風にアレンジして編集しなおしました。

昔の教科書

↑このフォントは全て自動的に旧漢字、そして、いくつかの漢字を異体字にしてあります。JIS漢字第二水準まで収録しています。このフォントで昔の宮沢賢治の小説などを組むと当時の雰囲気が自動的にでます。今後、童話本などを続々私製本化したいと思っています。本は、フォントのサンプルとしてのおまけとなります。

昔の教科書

↑和綴じ製本で袋綴じにしまして、ミシン線で破くと中には朱色で印刷した字形見本が出現します。

昔の教科書

↑旧漢字との比較いろは唄ページ。

昔の教科書

↑欧文の字形見本。

FGP明治教科書明朝

↑インストール画面。まだ細かい部分は調整中ですがおおむね完成しています。全漢字旧字変換&異体字バージョンです。

昔の教科書

↑奥書きです。江戸期〜明治期の教科書風に表現してみました。著作・発行・印刷・製本まで全て自己完結。この冊子は、進行中のフォント「FGP明治教科書明朝」の付録として考えています。

明治期のオールド明朝体5に続く。

Read more...

明治期のオールド明朝体3

その後、仮名の形状の調査をすすめ同時代の資料が必要になり集めているうちに結構な数になりました。元は数千冊所蔵の中から活字の形状に特徴がある教科書を中心に5−60冊位に絞り込んでいます。

明治時代の教科書

↑さまざまなレイアウトの教科書。明治時代というと決まりきった活字組みでレイアウトが全部同じなのではと勝手に想像していましたがそんなことはありません。絵柄あり、罫線あり、活字のサイズや種類も豊富で、おどろくほど多彩な活字のバリエーションがあります。当時の活字組みという制約の中でのデザインの工夫が伺われます。

明治時代の教科書

文明開化期の日本の子供たちが学んだ本、しかも教科書ですから由緒正しい日本語活字のはずですが、相当クセのある活字もあり、変体仮名までもが混在している教科書が複数あり現代の日本人には解読不能な活字もあります。変体仮名混じり文というのは当時の日本語表現の標準だったのでしょう。

明治時代の教科書

教科書は主に国内の旧家の蔵に眠っていた貴重なものばかりです。虫食いのはげしいものもありますが、活字部分は概ね無事です。

明治時代の教科書

江戸末期寺子屋時代〜明治18年の検定制度実施以前〜検定期時代明治35年までの仮名文字は個性的なものばかりでフォント化しがいがあります。とりあえず2系統のオールド明朝体仮名レタリング中です。

FGPオールド明朝体
FGPオールド明朝体
FGPオールド明朝体

レタリング中。まず鉛筆で下書きし、ペンでスミ入れしていきます。私の場合文字を作る時は手書きで全体を俯瞰して完成させてからフォントデータ化していきます。そしてイラレなどのレイアウトソフトで文字組みをした文章を確認しながら修正を何百回と繰り返し熟成させていきます。活字のデザインそのままというのは現代のDTP環境においては違和感がある文字組みも出てくるため元活字からはかなりデザイン変更する場合もあります。

明治期のオールド明朝体4に続く。

Read more...
Subscribe to this RSS feed

ログイン or 会員登録

登録前に「よくある質問サイト利用規約フォント利用規約ページを熟読ください。登録者は全ての規約に同意したものとみなします。

fontgraphic.jpからのメールを受信できる設定にしてから登録してください。