江戸時代〜明治期のオールド明朝体1

リリース間近の明朝体があります。

FGP明朝体
ウエイトは基本的には2種類の基礎を作っています。
FGP明朝体
数年前実家に帰った時にあずかった祖父や曾祖父の古本類。江戸時代末期から明治時代、大正時代、新しいものでは戦前の版です。当時の和紙の風合いは現代の書物にはない美しさと贅沢さがあるように感じます。
FGP明朝体
明治期の小学校、中等科、高等科の教科書類ですが、本によってはさまざまな仮名がありまして、複数の書物の仮名活字をすべて抽出し解析しました。活字によってはバラバラな意匠と思われるものもありましたが、これらの超古い資料をもとにフォントグラフィック独自のオールド明朝体を築き上げている最中です。
FGP明朝体
当時の小学一年の教科書など。
FGP明朝体
明治期の本。仮名が美しい。100年以上も前の仮名ですが、おどろくほどポップなデザインがあります。いまはまだお見せすることができませんがお楽しみに。
FGP明朝体
これも明治期ですが、この活字の仮名は現代の仮名とは異なる意匠でいくつか読めないグリフもあります。漢字とのウエイトは合っていませんが特に美しく味のある活字体です。
FGP明朝体
フォント作成ソフトでの漢字制作記録。角に丸みをもたせ、画数の多い漢字を基準にしています。
FGP明朝体

英文字や漢字は仮名よりも先に作りました。仮名を先に作ってしまうと、英文字まで力が入らなくなりがち(大変なので)なのでまず英文字と漢字を完成させました。というわけでこれから仮名の作成です。何ヶ月かかかる予定ですが、このBLOGにて進捗をアップしていきます。フォント単体としてのDL販売、またはパッケージ化します。

*試用版はありません。

明治期のオールド明朝体2に続く。

ログイン or 会員登録

登録前に「よくある質問サイト利用規約フォント利用規約ページを熟読ください。登録者は全ての規約に同意したものとみなします。

fontgraphic.jpからのメールを受信できる設定にしてから登録してください。