iPhoneにフォントをインストール

フォントをスマホで使えないか?あるいはLINEで使えないかといった質問をいただくことがあります。アンドロイドの一部ではシステムフォントを変更できる機種があるようですが、iPhoneの場合は基本的にはシステムフォントに変更を加えることはできないようです。このようにユーザーのスマホ環境によるものなのでいつもはうやむやに答えているのですが今回はためしにアプリを使ってiPhoneにFG擬音フォントfamilyをインストールしてみました。

AnyFontという英語の有料アプリ(2015.6月現在240円)を使えばご自分の好きなフォントをインストールできます。検証したところ、10MBを超えてしまうような重いフォントはインストールすることはできませんが5MB程度であれば日本語フォントでもインストール可能です。

AnyFontアプリをインストール後、フォントデータをDLあるいはメール添付などでiPhoneで保存すると「AnyFontで開く」という項目が出てきますのでタップして手順通りに進めます。「署名されていない」というアラートが出ますが気にせずそのままインストールを完了します↓

iPhoneにAnyFontでフォントインストール

インストールが完了してアプリ側のフォント一覧に表示されている「FGフォントファミリー」↓

iPhoneにインストールしたフォント

iPhoneだけだと結構面倒ですがパソコンを持っている人は、iTuneファイル共有でフォントファイルをコピーするととっても簡単です。

インストールしたフォントはこのように入力できるようになります。

iPhoneにインストールしたフォント

テキスト入力が可能な写真合成(合成スタジオ)アプリなどでフォントが使えるようになります。

写真合成アプリで入力している様子

縦書きにも対応してます。

写真合成アプリで入力している様子
写真合成アプリで入力している様子
写真合成アプリで入力している様子

難しい漢字もちゃんと出ます。

写真合成アプリで入力している様子

前々回BLOGで紹介した「新くるりんフォント」のような謎な文字も入力できます↓

新くるりんフォントで入力している様子

国内外のアプリへのフォント実装実績があります。アプリでフォントを使いたい開発者の方やお困りの方、有料にて対応させていただきますのでお問い合わせください。

問い合わせ

ログイン or 会員登録

登録前に「よくある質問サイト利用規約フォント利用規約ページを熟読ください。登録者は全ての規約に同意したものとみなします。

fontgraphic.jpからのメールを受信できる設定にしてから登録してください。