FG擬音フォントシリーズ

新しいフォントが続々完成しています。ここ2年位かけて密かに作っていました。このFG擬音シリーズは細かく感情や効果音などをコントロールできる書体が10種類位あります。

さっそく本の表紙ラフをデザインしてみました。まずはオーソドックスに白地バージョン↓

FG擬音フォントシリーズ/和文フォント集表紙案

ダミーで本として工作してみました↓

FG擬音フォントシリーズ/和文フォント集表紙案

黒地バージョン。特色の蛍光グリーンとかいいんじゃないかなと思ったりします。ベジェや画像はいっさい使わず、フォントを並べるだけでこんなに素敵なやかましいデザインが出来上がります↓

FG擬音フォントシリーズ/和文フォント集表紙案

これもダミーで工作してみました↓

FG擬音フォントシリーズ/和文フォント集表紙案

こんなデザインして病気なんじゃないかと思われた方もいるかもしれませんがこれでもけっこう大真面目にデザインしていて、前作「和文フリーフォント集」の表紙や中ページもそうでしたが、入っている言葉を実際に口に出して騒がしく入力しています。書いては「ワーワー」歓声したり、バシバシ叩いたりザワザワ言ったりボギボギ指を鳴らしたり舌うちしたりetc...

そんなわけでこのフォントでレイアウトするとけっこう楽しいです。しかし、以外と隙間をバランスをとって埋めて行くというデザインは大変なもので集中して丸々2日位かかってしまいました。でもまだ隙間が気になって仕方がないので続くと思います。

フォントというのは面白いもので、種類が違うだけでこんなに雰囲気が変わるという例ですね。 システムフォントとの比較図です↓

FG擬音フォントシリーズ

FG擬音フォントシリーズが必要な方は「続・和文フリーフォント集 」をお買い求めください。わずか2,100円+税でネットでは入手できないフォントが多数入手可能です。

ログイン or 会員登録

登録前に「よくある質問サイト利用規約フォント利用規約ページを熟読ください。登録者は全ての規約に同意したものとみなします。

fontgraphic.jpからのメールを受信できる設定にしてから登録してください。