デザイン-BLOG

フォントグラフィックが手がけるフォントやデザインに関するBLOGです。

FGミディアムオールド半角2

  • Written by
  • Read: 1418 times
FGミディアムオールド半角1の続きです。 ここのところ作っていたFGミディアムオールド半角のイメージデザインが完成しました。写真1枚目の右下に写っている昔の手動式露出計をベースにリデザインです。 写真を撮る時、人は露出はまったく意識せずに撮っていると思います。いまや露出計という言葉自体が死語になってしまいました(アプリあり)が、カメラが電気式によって自動化される以前、4-50年位前は露出計は機械式が主流でした。更にその前時代の第二次世界大戦前、カメラの露出計は機械式でもなく手動式だったというのを知っている方は少ないかもしれません。その手動式の露出計を自己流にアレンジしたのがこのフォントイメージです。…
Read more...

FGミライ線

  • Written by
  • Read: 1590 times
線でできたフォントFGミライ線。先日、このBLOGで書いたFGミライの派生版です。また、昨年公開していたウルトラゴシックの進化バージョンでもあります。 ロットリングで描いたような線なので、ロットリングイメージで写真撮りました。 ロットリングが原寸大になるよう、リアルな雰囲気が出せるよう、下から光を当てて撮っています。…
Read more...

FGラブリーファミリー作り直し

  • Written by
  • Read: 1026 times
一昨年からサイトで公開しているFGラブリー、ポップ、モダン、レトロシリーズのリニューアル中です。グリフを大幅に見直し、ほぼ全部作り替え中です。またベースの漢字をこれまでのIPAゴシックから源ノ角レギュラーへと変更中です。 人間工学及び、視認性範囲を最適化した書体意匠設計ノ圖というのを作成中です。 人間工学の圖面は、ジョー&ジョセフィン圖(1955:ネットでは検索しても出てきません)をオマージュ。フォントになぞらえて圖面化。…
Read more...

FGミディアムオールド半角1

  • Written by
  • Read: 2149 times
FGミディアムオール半角改め、オールド半角。 フォントデータ側で変換可能な300字あまりの漢字を旧漢字に、旧漢字は、新漢字に変更した特殊フォントです。平仮名と片仮名は半角デザインとなっています。 世田谷区の「世」や「区」が昔懐かしい旧字に!。「世」は厳密にはこのようなカタチではないかもしれませんが、年配の方がこのように書いていたので参考にさせていただきました。「田」は大阪の梅田駅定期券が昔このような「田」だったようなので。…
Read more...

フォント本作りの進捗

  • Written by
  • Read: 962 times
続・和文フリーフォント集、ちゃくちゃくと進んでいます。すべての収録フォントの精査が完了し、台割りを作り直し中。たぶん30回以上作り替えてます。自分で作っているフォントもすべて精査中、何日もかかる作業が続きます。全部で192ページ、収録フォントは約80コ、そのうち50以上を著者が制作中です。フォント作り兼、DTPデザイナー兼、写真撮影兼、著者兼です。 台割りCHECK中。緑が著者制作分のフォント。 デザインラフのプリントだしCHECK。まだ半分もデザインできていませんが、これから8月〜9月にかけて全ページデザインしていきます。…
Read more...

FGミライ

  • Written by
  • Read: 1939 times
先日、このBLOGで書いたFGミディアムオール半角の進化系、「FGミライ」。ひらがなもカタカナも欧文も全ての骨骼は厳格なる宇宙法則に従い文字の基本旋律に沿って規則正しく配置されています。日本語のひらがなとカタカナが面白いように欧文と揃い、かっこいいフォントです。 *写真は飛行機の窓から撮ったものです。 FGミライは「続・和文フリーフォント集…
Read more...

FGミライ連

  • Written by
  • Read: 367 times
横に繋がるフォントです。その名もFGミライ連。先日、このBLOGで書いたFGミディアムオール半角の進化バージョンです。更に機械的になりもはや日本語っぽくありません。タイ語の雰囲気です。 宮沢賢治の銀河鉄道の夜を組んでみました。横組みの場合は84%幅の等幅フォントになります。そして、平仮名と片仮名の横ラインが綺麗に規則正しく繋がります↓ 基本幅は全角に対して50%幅ですが、全体幅を840emに変え、更に横ラインを840em幅ギリギリまで延長。濁点は、濁点間の距離分アケ、半濁点はくっつけるというルールに沿って構成しています。すべてをくっつけてしまうと完全に読めない文字になってしまうため、横ラインが延長可能なグリフのみ選んでいます↓…
Read more...

文字書籍の装丁

  • Written by
  • Read: 1331 times
続・和文フリーフォント集のページフォーマットを精査中でようやく決定案になりつつあります。手に取ってパラパラめくった時、必要な情報が一目でわかるようなデザインを心がけています。デザインしたものをプリントし、実際の大きさの書籍のダミーを作って再検証しました。先日までデザインしていたものよりだいぶ変わっているかと思いますがかなりわかりやすくしたつもりです。40ページ位進んでいたのですが、またふりだしに戻ってやり直し。デザインや内容のわかりやすさには妥協したくはありません。 ページよっては左右どちらか、また、白ヌキ文字や写真の上に乗せるデザインも想定しているため柔軟に対応できるように誌面設計しています。 収録JIS漢字の有無、フォント形式、商用利用可不可表示など読者にとって必要な情報を絞り込み、また無駄な情報は省き、ようやく理想のデザインとして仕上がりました。ノンブルの大きさ一つ決めるのも何十回もプリントして理想のサイズに落とし込み。…
Read more...

FG昭和丸漢字第2水準完成

  • Written by
  • Read: 1769 times
毎日コツコツと進めていた昭和丸ゴシックがようやくJIS漢字第2水準まで完了しました。予定よりだいぶ遅れてしまいましたが約3年かかりました。あまり数えたくないですが6,000字以上ありました。現在第3水準に着手している最中です。 レトロでまるっこい風合いのあるやさしい感じのフォントになります。今後、名称は変更するかもしれませんが、仮名は様々なバリエーション展開をしていく予定です。このフォントはフリーではありませんので秋頃にフォント単体でのバリエーション販売予定です。 *昭和丸ゴシックという名前は変更するかもしれませんので仮称としておきます。
Read more...

元禄フォント完成

  • Written by
  • Read: 2076 times
「元禄明朝」、「元禄ゴシック」フォントが完成しました。続・和文フリーフォント集(大谷秀映著:翔泳社刊:2015年秋発売予定)書籍収録用です。 自分にとっては初めての明朝体作成でした。手書きの筆跡を随所に残した行書体の雰囲気があるフォントです。全体的に微細なスミ溜まりを持たせ、書道の筆運びのルールに沿った箇所にハネを残し、ゴツゴツした風合いのあるフォントです。漢字も仮名も全体的に角を少し丸めておりゴツゴツした雰囲気を相殺するような柔らかさを持たせています。拡大しても美しさが際立ちます。 こちらは共通した骨骼をもつゴシック体です↓…
Read more...

ログイン or 会員登録

登録前に「よくある質問サイト利用規約フォント利用規約ページを熟読ください。登録者は全ての規約に同意したものとみなします。

fontgraphic.jpからのメールを受信できる設定にしてから登録してください。