デザイン-BLOG

フォントグラフィックが手がけるフォントやデザインに関するBLOGです。

江戸時代〜明治期のオールド明朝体1

  • Written by
  • Read: 1396 times
リリース間近の明朝体があります。 ウエイトは基本的には2種類の基礎を作っています。 数年前実家に帰った時にあずかった祖父や曾祖父の古本類。江戸時代末期から明治時代、大正時代、新しいものでは戦前の版です。当時の和紙の風合いは現代の書物にはない美しさと贅沢さがあるように感じます。…
Read more...

FGWEBミライ連のウェブ化

  • Written by
  • Read: 1142 times
続・和文フリーフォント集収録のFGWEBミライ連フォントのWEBフォント化テスト中です。いま、このfontgraphic.jpサイト全体に表示させています。横のラインが全部繋がるという日本語でありながらアラビア文字のような特殊な雰囲気を持つ珍しいデザインのフォントとなります。 「FGWEBミライ連」の基本骨骼である「FGWEBミライ」は欧文と混植した場合のバランスに配慮してデザインしています。ウエイトはFGミライよりも細く、OSXヒラギノW3、Windowsメイリオ相当ですが、各OSブラウザのフォントレンダリングの違いを考慮したベストバランスにてウエイトチューニングしています。フォントフォーマット化においてはベジェの1ドット単位、極限まで容量を絞り込み無駄のないフォントデータ構造となり、欧文フォント並み、或は小さなGIF画像並み(30〜60KB程度)にまで軽量化を計り、瞬時にブラウザ表示させます。回線を問わずネットのブラウザ表示速度にまったく影響を及ぼすことがありません。 デザインの特徴…
Read more...

続・和文フリーフォント集発売

  • Written by
  • Read: 2672 times
本日〜明日、いよいよ続・和文フリーフォント集の発売になります。一部の本屋さんではすでに店頭に並んでいるようです。おもえば4月、GWの前頃から始まった本作り、今日でちょうど半年かかっての発売までの道のりでした。 本のカバーです。ヴァンヌーボ/4C+PANTONE806C蛍光ピンク2度刷り/ニス引き仕上げ。2度刷りしないとこんな鮮やかなピンクは出ません。 ■表紙:OKエルカード/PANTONE806C蛍光ピンク特色…
Read more...

夜景撮影について

  • Written by
  • Read: 1039 times
続・和文フリーフォント集には写真を多用しています。基本的には全て編著者である私が撮影したものです。その中で74-75ページのFGミライ丸の写真は川崎の工場地帯で夜撮りました。工場夜景撮影というのが一時流行ったらしく、それらを参考に撮りにいきました。 10秒位シャッターを空けておく長時間露光で撮りました。 しかし、これを撮った当時APS-Cのカメラでしたのでノイズが目立つ部分があり、結局1カットしか本には収録しませんでした。…
Read more...

2016年賀状文字サンプル

  • Written by
  • Read: 2523 times
そろそろ年賀状の季節かと思いますが、準備はお済みでしょうか?年賀状のデザインには必ずフォントが必要となってきますが、あなたはパソコンに入っているフォントを使いますか?ネットでダウンロードしたフリーフォントを使いますか?年賀状作成ソフトなどに入っているフォント?それとも高価な有料フォントを使いますか?デザイナーだから年間契約5万円のちゃんとしたメーカーフォントを使うからいいと思っている人も驚く個性派フォントが勢揃い!個性的なフォントは入力するだけでもう楽しくなってくるデザインなものもあります。 続・和文フリーフォント集は2,100円+税という低価格設定ながら、個性的なものから伝統的な明朝系などたくさんの書籍専用日本語フォントを収録し、ほぼすべてが商用利用可能です。何千円〜万単位のパッケージを買う必要もなく、毎年利用料を支払うこともありません。 WindowsでもOSXでも利用可能で、OTFまたはTTF形式の日本語フォントです。基本的には全文字、JIS漢字第二水準まで収録、縦書きにも対応し年賀状にも使えそうなデザインのものもあります。皆様の年賀状作りの参考になるよう、収録フォントで組んだサンプルを紹介します。宛名面と、挨拶面、年賀状の文面でよく使われそうな文字組み、なるべく強弱をつけた文字サイズで縦組みに、共通デザインにて紹介します。…
Read more...

カバー色校蛍光ピンク&プリウス

  • Written by
  • Read: 1384 times
本日、続・和文フリーフォント集カバーの色校があがってきました。色校というのは色校正の略で、印刷の試し刷りのことです。実際の本が出る前に指定通りの印刷にあがっているかCHECKします。いままでBLOGなどでアップしていた本のダミーはすべてインクジェットプリンタで印刷したものですので、今回のこの色校はより本物に近い印刷仕上がりとなります。 本のタイトルや背表紙、袖の部分や見返しなど蛍光ピンクでデザインしています。蛍光色のような特色はインクジェットプリンタなどCMYKの4色を混ぜ合わせるカラー印刷で出すことは不可能ですので、色校があがってこないと仕上がりが確認できません。 また一口に蛍光ピンクといってもさまざまな種類があります。DIC585のオレンジ寄り系か584のピンクらしいピンクにするか、一般的には蛍光ピンク指定というとDIC584Bあたりが多いですがあえてPANTONE806Cにて指定しました。紙はコート系ではなくマット系なのでどちらかというとPANTONE586Uに近い色味になります。…
Read more...

2010年制作の街看板2

  • Written by
  • Read: 1197 times
2010年制作の街看板1からの続き 続・和文フリーフォント集の街看板作例 続・和文フリーフォント集の表紙をデザイン中です。秋葉原の街をテーマにフォント化しました。…
Read more...

活版イメージ作成

  • Written by
  • Read: 1610 times
*この「FGミライ連」フォントは、これまでサイトでお買い物または、ご寄付くださったお客様へ限定プレゼント中です。または続・和文フリーフォント集」をアマゾンで予約した方へご案内しています。詳しくは 特設サイトhttp://book.fontgraphic.jpをご覧ください。 オリジナルレターセット…
Read more...

2010年制作の街看板1

  • Written by
  • Read: 1559 times
ここのところ、デザイナーによる模倣、パクリ事件が世間をにぎわせているようですが、デザイン成果物を公の場に出す場合はそのデザインがどのようなコンセプトでできたか?或はその過程資料をきちんと記録しておく、というのはもはやデザイナーにとっては常識であるといえるかもしれません。私は既に5月からこのフォント本デザインの制作過程をこのBLOGやFacebookページなどに公表し続けています。今回に限らずとも数年来デザイン成果物と並行して制作過程の記録を心がけています。 2010年の街看板 2010年に出した「CD付…
Read more...

表紙回りデザイン中

  • Written by
  • Read: 1391 times
本の制作も7割ほど、200ページ中150ページ位終わり、いよいよ表紙回りのデザイン中です。 本は普通は書店に並ぶ時、アマゾンなどネットで目にする時はカバーがついて隠れているため、表紙を目にすることはありませんし、わざわざ見せるようなものでもないですが、ダミーを工作したりでいろいろとデザインシュミレーション中ですのでお見せします(肝心のカバーはまだ公開できません)↓ 背表紙。書店の棚に入った時にどんな色やデザインが適切か?さまざまなパターンでシュミレーション中です。書店のコミック本コーナーなどにも足を運び、市場調査。こんな感じの色合いで絞り込み中です。実際は特色蛍光ピンクというど派手な色をふんだんに使います。仮にコミック本コーナーに並んだとしても一番目立つようにデザイン中です↓…
Read more...

ログイン or 会員登録

登録前に「よくある質問サイト利用規約フォント利用規約ページを熟読ください。登録者は全ての規約に同意したものとみなします。

fontgraphic.jpからのメールを受信できる設定にしてから登録してください。