阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」プレオープン

ザグリ店内厨房から

5ヶ月以上に渡る店舗工事が完了し、本日11月01日 11:01「ザグリ」がオープン。しかし、まだまだ造作する箇所があるのでプレオープンです。

木材と白を基調とした店内↓。
ザグリ店内

ローアングルにて撮影↓。
ザグリ店内ローアングル

入口。この造作が一番大変でした。ガラス窓は引き戸部分も含めて全部同寸法です。引き戸の転がり具合の調整に素人なりの工夫をしています。90mm角材も含めてガラスも鉄枠も全てネジ留め加工を施しているため外そうと思えば全部外せる構造となっています。ちなみに巣箱と間違えたのかミツバチが工事中ずーっと飛びまわってました↓。
入口

窓7カ所は全て外側13mm(厚み1.6mm)角スモール鉄骨材と内側25mm(厚み4.5mm)平鋼で5mm厚強化硝子でサンドイッチ構造。縦454mm×横460mmサイズでカットした硝子を辺のビス留めを同じ位置にし、窓にビスが映っているような造作をしました。この窓ガラスの工事が一番大変だったかもしれない。一度試作を割ってしまったので再度寸法を1〜2mmづつ小さく調整して発注↓。
窓ガラス

13mm(厚み1.6mm)角スモール鉄骨材を一本づつ切り出しポンチで印をつけてドリルでネジ孔空け↓。
13mm鉄骨角材

内側25mm(厚み4.5mm)平鋼をカットして造作↓。
平鋼

一つの窓あたり外側角材4本、内側鋼4本、一本あたりのネジ孔各4カ所、一つの窓あたり内外32本、計7カ所で合計224本ものビス留め。この間口の工事だけで1ヶ月もかかってしまいました↓。
鉄材カット

レジはいろいろな骨董品を考え中ですがこれは昭和初期頃の機械式。なんと電源使わないのに印字できるという斬新な機械です。ボタンを押すとチーンという音も出ます↓。
昭和時代のレジ

トレイなど細かい調度品も自作です。余った端材を使って無駄なく製作↓。
自作トレイ
自作トレイ

その他店内ほとんどの設備や細かい調度品が自作DIYです。長い月日がかかってしまいましたがまだまだこれから作りたいものがたくさんあるのでとりあえず暫定オープン。

引き戸の窓ガラス製作

引き戸の窓ガラスの製作ですが、その前に窓枠を作ります。1.6mm厚みの13mm角鉄材を鉄材屋さんから大量発注しました↓。
1.6mm厚みの13mm角鉄材

電ノコに金属カット用刃を試したりしましたが一番正確に45度の角度で切れたのがベルトソーでした↓。
鉄材をベルトソーでカット

細かい木工作業で大活躍しているバンドソー(ベルトソー)ですが、刃を変えれば鉄材やガラスも切れるという高性能機種です。ベルトソーは比較して買うまで1ヶ月以上も悩みましたがこの機械にして正解でした↓。

45度の角度はこの電ノコ用ガイドをバンドソーに使用↓。

45度にカットした鉄材にネジ用の孔開け、サラ螺子用に円錐ドリルで研磨↓。
鉄材にネジ用孔開け

窓枠の辺に合わせて切り口をディスクグラインダで寸法調整↓。
グラインダーで研磨

こんな具合に鉄材を加工して窓枠として取り付け。微調整が大変でした。何時間もかかってます。これをあと6箇所作る必要があります↓。
鉄材の窓枠

内側から見た図。ここにガラスをはめ込み、内側からなんらかの方法で枠付け。しかし同じ鉄材だとガラスとのスペースが狭すぎてネジ孔にドリルが入らず割ってしまう可能性あり。どうすれば良いか悩み中↓。
窓枠鉄材

大阪のガラス工場から注文していた5mm厚の強化ガラス。ウェブ上でリアルタイムに見積もりと納期、注文ができるのでガラス発注では一番便利でした。以前一度試しに素のガラスを頼んだのですが試験取り付け中に割れてしまったので強化加工でないと危険と判断し、強化ガラスを同じ寸法で7枚発注↓。
強化ガラス

ガラスの辺には専用のスポンジを貼りました。こんな便利な部材は普通の店では売っておらず建材屋さんで発見↓。
ガラスガード

内側からどう留めるかの課題を残したまま今日の作業終了。今回の店作りでは窓ガラス工事が一番大変かもしれない。普通は専門の業者に頼むところなんでしょうがここまで全行程自力でやってきたなら窓も自分で作らないと気が済みません。まず鉄材を正確に伐ることが難しいけど鉄材カットのコツをつかんだので大丈夫です。続く。