引き戸に戸車追加

戸袋の隙間が空きすぎていて若干建て付けが良くなかったので作り直し中です。天地40mmカット作業↓。
戸袋カット

長尺ですがコンパクトな充電ノコギリのおかげで正確にカット可能。昔の電ノコは死ぬほど恐ろしい全力回転ですが最新型充電ノコは負荷がかかるとストップしたりで安全で取り回しがラク。加工するのが楽しくなるほど高機能。

そして引き戸の開閉をスムーズにするため天面だけでなく、側面にも戸車を増設↓。
戸車追加

溝彫り作業でトリマ大活躍。このトリマもドリルとは桁違いの回転で危険なマシンですがソフトスタートと回転速度変更機能のおかげでラクに精密造作が可能↓。

戸袋部分に側面の戸車が当たるようにし、開閉をスムーズに↓。
戸袋の戸車

以前、柱に取り付けた戸車が小さすぎたので取り替え↓。
柱の戸車

あと、何気にものすごく大変だったのは引き戸の床面レール加工。タイル床面にどうやって固定するか悩んでいました。引き戸用ステンレスレールに空いている孔は3mm位しかないのですがコンクリート用ネジは規定では3.4mmが最小。ここ1ヶ月ほどホームセンターで2回聞いても担当者はわからず仕舞いで建材専門店で聞いたところコンクリ用のネジは3.4mm径が最小なので、ステンレス引き戸レールの孔をドリルで広げているとのこと。なんと不便な仕様なんでしょう。仕方がないので釘をコンクリボンドで埋め込み、レールに沿ってサンダーで研磨するという自己流の細工にしました。下方向にしか負荷はかからないはずなのでこれで完璧です↓。
引き戸レール

戸車を大量に取り付けたことによって適度な重量感のあるスムーズな引き戸が完成。エントランスは重要です。開け閉めの心地よさを追求しています。摩擦部分には最上級の潤滑オイルをつけます。

入口の造作【其の四】

扉の引き戸を造作中です。

2.2m以上の高さの扉を作るのは思ったよりも大変です。入口の工事を始めてついに10日も経ってしまいました。

戸車用溝彫り中↓。
戸車用溝彫り中

柱への戸車用溝彫り中。マルチツールが大活躍です↓。
柱への戸車用溝彫り中

柱への戸車取り付け完了。溝の仕上げはトリマで↓。
柱への戸車取り付け

戸袋完成。表面からはネジ類が見えない造作をしました↓。
戸袋

これから鉄枠やガラス、表面の木材加工、戸車レール、鍵、ポスト投函口、看板など考えるとまだまだ1週間はかかりそうです。当初10月21日(大安)オープンにしていましたが、11月1日(大安)にずれ、ここにきて強化硝子の調達が思ったよりも遅れるため11月7日(大安)オープン予定。

続く。

入口の造作【其の参】

扉は横スライド方式にすることにしました。戸車がついてガラガラっと開ける古風なタイプを作ることにしました。扉の高さは2150mmとかなり高いです。

材料は46x36mm角の杉材垂木です。3mの長尺木材を切って作ります↓。
垂木

戸車用の溝を彫るためスミつけ↓。
戸車の溝スミツケ

木材に溝を彫るにはトリマを使います↓。
トリマ

こんな具合に3cmの深さの溝を彫りました。ドリルと違って刃先が超高速回転します。危険な工具なのでゴーグル必須↓。
戸車用の溝

使ったのはリョービの上位機種。モーターがいきなり全力回転するのではなくソフトスタートなので使いやすいトリマです。サンダーなどにも云えることですがソフトスタートマシンは扱いやすい。工具は高いほうが便利な機能が付いていて使いやすいです。刃先を照らすLEDライトも付いてます。
リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A

戸車取り付け完了。気をつけてネジを締めないとクルマが曲がってしまいます。一度失敗しました↓。
戸車取り付け

外観はこんな感じ。おしゃれなカフェになるように考えているつもりですが扉の窓は上下のちょうど中心にくるようにしてます。
扉

とりあえず一旦骨組みの完成です↓。
扉

作業的には四分の一位です。また続きます。