入口の造作【其の七】

引き続き入口の造作中です。毎日5時起きして朝方前日に自分でi-Phoneで撮った写真をまとめてこのBLOGで書いてます。朝はドリルや電ノコなどの大きな音をたてられないため基本WordpressのWEB更新です。

入口の壁は開閉式ですが外側から開けられないようにどうやって留めるか考え中でした。ホームセンターで部材をいろいろ見ていたのですが「ラッチ」で留めることにしました。しかしよく昔から見かけるこの鍵ですが微妙に好みに合うのが見つかりません。色が茶色だったり緑だったり白だったりします。かといってステンレスのピカピカの金属素材にはしたくない↓。
tobira1018_1

そこで、シャッターペンキ剥がしで大活躍した剥離剤の出番。超強力酸性剥離剤に浸けます。塗膜がめりめり剥がれていきます↓。
鉄ヌリラッチ

水洗い。鉄の素材感が出て見違えるようなパーツになりました↓。
色を剥がしたラッチ

ラッチを取り付ける木材部分に凹みをつけます。まずはマルチツールでガイドの切り込み。彫りながら自分で撮っているためブれてます。この工具は充電式なので細かい取り回しがラク↓。
マルチツールで木材に刻む

切り込みに沿ってトリマで溝彫り。この切り込みがないとトリマがフラフラして綺麗に彫るのは無理です↓。
トリマで溝彫り

マルチツールでラッチを留めるための溝彫り↓。
マルチツールでカット

こんな具合にフラットにラッチを取り付けました。フラットにしたのは引き戸が干渉しないためです↓。
ラッチ取り付け

垂木材の骨組みに断熱材を秋田杉でサンドイッチした壁。骨組みだけでは軽かったのですがだんだん重量感が増してきました↓。
壁の造作

柱側にトリマで蝶番用の溝彫り。1.5mm位の微妙な凹みをつけていきます。しかしこの工具は便利。特にこのリョービの機種は手元で簡単に溝の深さを変えられます↓。
蝶番用の溝彫り

扉側にトリマで溝彫り↓。
トリマで溝彫り

蝶番などの正確さを要求されるネジ孔空けはこの「皿ネジ 下穴用 ドリル ガイド」が大活躍。通常のドリルや手で空けるキリでは木目などの関係で微妙に中心がずれてしまいますがこのドリルを使うとほぼ正確な下孔が開けられます。これがあるのとないのでは100倍位効率が違うかも。画期的な便利な小道具です↓。
ドリル用便利工具

2カ所だと調整はラクかもしれませんが力学的には3カ所は必要かなと思いましてバランスよくレベル正確に開けられました↓。
蝶番取り付け完成

寸分の隙間なく開閉式の壁が完成。同じものをもう一つ作る必要があります↓。
開閉式壁完成

続く。

入口の造作【其の五】

引き続き、入口の扉を製作中です。

高さがあるので床に置いて製作。13mm厚の板材を一枚ずつ万力でセット、ネジ留め作業↓。
引き戸製作

ネジ留めしたら立ててつなぎ目を確認↓。
引き戸製作

窓部分は切り抜きます↓。
引き戸の窓

窓のカタチに切り抜きました↓。
引き戸の窓

細かい木材の切り抜きで大活躍したのはマルチツール。

朝から暗くなるまで丸一日続けての作業。外面ができました。入口を店内から↓。
引き戸の裏側

入口を外から。秋田杉を使いました↓。
入口

外側がざっとできたのでまだ作業的には半分です。内側には断熱防音材を入れてから木材を貼付けていきます。続く。

マルチツールで壁に孔開け

マルチツールの刃

今日は厨房背面壁に孔開けです。壁にはステンレスを貼る予定ですが、棚や浄水器は壁の後ろに通っている柱に取り付けねば強度が足りません。しかし、どこに柱があるのかが不明です。そこでマルチツールを使って壁に小さく孔を空け、柱の位置を探して行きます。

図面
これが厨房背面設計図です。イラストレーターで描いてますので自己流建築図面です。青い部分、SUS304 t0.5 #400がステンレス貼付けエリアです。

マルチツール

マルチツール。壁が硬すぎて刃がたちません。孔を一つ空けるのにもひと苦労。

マルチツールの刃

替え刃を5枚も駄目にしてしまいました。

柱の位置をガムテープで印す

ガムテープで柱の位置を印しました。

壁に孔空け完了

結構な時間がかかりましたが無事に壁に孔空け完了。これで壁造作できます。大変な作業でしたがマルチツールのおかげで捗りました。この工具は細かい作業ができるので重宝します。

マルチツールはマキタの14.4V仕様を買いました↓

替え刃のセットは非純正です↓

充電池は純正買いました↓

タイル床研磨完了

マルチツール用替刃

床解体ばらし、タイルを綺麗にしました。ここまでの作業長かった。1ヶ月かかりました。写真記録しときます。

床解体、タイル研磨

研磨中の動画。あまりの埃の量のため集塵機は役に立たなかったので、水をかけながらの湿式工法にて埃を立てずに施工です。AC機では振動がひどくかなりの重労働だったのですが、このダイヤモンドホイールはゴムクッションになっているためあまり手に振動がこないので快適な作業ができます。

これから側溝グレーチング周りの処理していきます。際や角など細かい部分の造作はグラインダでは不可なのでマルチツールという新兵器導入です。コンクリートも削れる超硬素材の替刃を準備しました。

マルチツール用替刃

施工したらまたアップします。

コンクリートタイル削り道具

ダイヤモンドホイール

床削り道具充電式新兵器です。今回は床のコンクリートに中口径孔空け振動ドリル、床や天井を削る道具一式です。これまでAC機にて作業してましたが、今後を考えてマキタ14.4Vシリーズ買いました。

ダイヤモンドホイール

充電式グラインダにコンクリートタイル削りダイヤモンドホイルを装着。AC機のダイヤモンドホイールは研磨時の振動がダイレクトに手に来て相当しんどかったのですが、これはゴムがクッションになって手が疲れないという優れものです。

集塵アダプタ

一番困ったのがコンクリートを削った時の粉塵。粉塵97%カットアダプタです。

14.4V充電式集塵機

充電式集塵機。

コンクリート孔開け振動ドリル

13mm径までの孔があく、コンクリート振動ドリル。

これで、効率よく床工事作業ができます。