入口の造作【其の参】

扉は横スライド方式にすることにしました。戸車がついてガラガラっと開ける古風なタイプを作ることにしました。扉の高さは2150mmとかなり高いです。

材料は46x36mm角の杉材垂木です。3mの長尺木材を切って作ります↓。
垂木

戸車用の溝を彫るためスミつけ↓。
戸車の溝スミツケ

木材に溝を彫るにはトリマを使います↓。
トリマ

こんな具合に3cmの深さの溝を彫りました。ドリルと違って刃先が超高速回転します。危険な工具なのでゴーグル必須↓。
戸車用の溝

使ったのはリョービの上位機種。モーターがいきなり全力回転するのではなくソフトスタートなので使いやすいトリマです。サンダーなどにも云えることですがソフトスタートマシンは扱いやすい。工具は高いほうが便利な機能が付いていて使いやすいです。刃先を照らすLEDライトも付いてます。
リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A

戸車取り付け完了。気をつけてネジを締めないとクルマが曲がってしまいます。一度失敗しました↓。
戸車取り付け

外観はこんな感じ。おしゃれなカフェになるように考えているつもりですが扉の窓は上下のちょうど中心にくるようにしてます。
扉

とりあえず一旦骨組みの完成です↓。
扉

作業的には四分の一位です。また続きます。

入口の造作開始

店の入口の造作を始めました。このところの台風でかなりの暴風雨になり頑丈に作らないと吹っ飛ばされそうな感じでしたので入念に設計&試作仮組みです。カフェの外観はお店の顔となるため気合いが入ります。度重なるデザイン変更を経てようやく構造的にもデザイン的にも納得がいく意匠になってきました。

入口図面
頑丈且つデザイン的にも美しい形状にこだわり中。また往来と店内の目線レベルは外し、採光のための窓は上下にグリッドモジュール化して設計。内部と外部には全て植物を配置し自然感を演出。外側木部は木目を活かした防虫防腐処理加工します。

部材
試作仮組み用に調達した部材類。建物の枠に合わせ、規格品の木材を組み合わせ。コストを抑え、外装に適した木材を2ヶ月位検討していましたがようやく工事に着手。

スクリューネジ埋め込み
強度が必要な箇所は複数の頑丈なスクリューネジで取り付けテスト。

仮組み
仮組み。

ザグリ店舗設計図面
物件が決まってからちょうど4ヶ月ほど。予定の半分位のペースですがほぼ全工事行程自力で大工してます。

カウンター天井吊り棚

カフェカウンター吊り棚

カウンターまわりのデザイン&造作中です。本番棚用に暫定木材で原寸大シュミレーション。

ザグリ中
木材をザグリました。

カウンター吊り棚
天井から垂直に取り付け。完全に固定はせず4つの支柱が全方向適度にしなるので耐震性考慮。板材は厚すぎず薄すぎず。

吊り棚
棚は3段。棚高さは無制限に調整可能、水平レベルが微調整可能でなおかつ取外しや棚追加が容易にできる構造にしました。

カフェ吊り棚
試しに珈琲器具類設置。エイブルコーン初期型&独自のドリップ台です。

カフェカウンター吊り棚
仮の吊り棚原寸大模型完成。

天井吊り棚製作、各種木材&サイズオーダー承ります。工事が特殊です。取り付け位置は高精度の造作が要求されますので製品のみの販売はしておりません。

都内近郊でこちらで施工可能なお客様を対象としています。

価格などメールでのお問い合わせは受け付けていません。直接来店なさるか、住所氏名連絡先電話番号を明記の上電話または郵送にてコンタクトください。来店なさる場合は店主不在ですと対応不可です。事前連絡をお願い致します。

完成品はプロダクト/設備ページに。防振装置付きになりました。