InstagramをWordPressへ表示させる

Instagramページの写真一覧をWordpressページへ表示させるプラグインの設置方法を紹介します。

Instagram開発者サイトやWordpress用の様々なプラグインを試しましたが「Instagram Feed WD」というプラグインを使用しました。設置方法は簡単です。まずはプラグインの新規追加で「Instagram Feed WD」を探しましょう↓。
Instagram Feed WD
プラグインをインストールします。インストール方法など初歩的なことは割愛しますので自力で調べてください。

重要:事前にインスタへログイン

プラグインの設定をする前にクロームやサファリなどのブラウザでご自分のInstagramへログインしておきます。↓。
インスタグラムへログイン
インスタへの登録など初歩的なことは割愛しますので自力で調べてください。

1)インストールしたプラグイン、「Instagram Feed WD」メニューの「Settings」をクリックし、2)「Sign in Instagram」ボタンをクリックするとAccess TokenとUsernameが表示されます↓。
Instagram Feed WD

「Instagram Feed WD」メニューの「Feeds」をクリックし、「Add new」ボタンをクリックします↓。
Instagram Feed WD

Add new Feeds画面でFeed nameを入力↓。
Add new Feeds

とりあえず何も設定せずにそのまま「Save」保存します↓。
保存

「Shortcode」をコピー↓。
Short code

インスタを表示させたい記事に「Shortcode」をペースト↓。
Shortcode

表示されました。写真をクリックするとInstagramサイトへリンクします。
Instagram表示
※重要:プラグインによってはInstagramではないプラグインサイトへ飛んでしまうのもある中、このInstagram Feed WDは便利かと思います。

設定について

インスタ側のロゴやプロフィールなどの表示設定が可能です。

Feedsのnameをクリック↓。
Feedsをクリック

Feeds display typeのあたりを選ぶと表示形式を変更できます。ショートコードはそのままで、いろいろ設定を変えるとインスタ表示も自動的に変わりますので試してみて下さい。ボタンがホワイトアウトしている項目は有料バージョンです↓。
インスタ設定

PHPコードも発行されますのでテーマ側の任意のPHPテンプレートへ貼付ければ表示可能↓。
PHP

有料バージョンになると複数のインスタアカウントが表示できたり文字の色やテーマも変更できるようです。

※プラグインの文字色表示が紺(#0f4973)ですのでサイト全体の文字色を合わせました。

亀甲柄エンボス測量野帳

当店オリジナルエンボス測量野帳。他では入手できないので何気に人気商品です。今回新柄が2つ完成しました。今迄の華柄に続いて「亀甲」柄と「霰」です。

「亀甲」エンボス仕上げ。これだけ固い表紙にエンボス加工を施すのは大変です。tレベルの圧をかけねばなりません。何冊も無駄にしながらようやく綺麗に仕上がりました。手作りです↓。
測量野帳「亀甲」柄

測量野帳「華」

測量野帳「霰」

測量野帳「亀甲」

店頭にて販売しています。糸の色、手帳の種類はある程度選べます。価格500円。

組紐

当店ではオリジナル組紐を製作販売しております。丸台という木製の組み紐専用台を使って一本一本手作業にて組み上げていきます↓。

丸台組み紐32玉

絹糸はまず座繰り機にかけて小枠に巻き取り、へきります。そして、柄決めのためのデザインは手描きでスケッチしています↓。
組み紐の柄デザイン

先日、来店されたお客様が帯締めとストラップをお買い求めになりました↓。
ザグリオリジナル組み紐

帯締めは御岳組(みたけぐみ)32玉、柄は「豹柄-黄」と「門出」。帯締めはこのような複雑な柄になると3日かかります。

ストラップは2種類のデザインがあります。留め具なども含めて全てが手作りの当店独自の意匠柄です。この道15年以上も組み続けている伝統工芸品になります。価格や柄はネット非公開です。詳しくはお店にお越しください。

一日フリマに参加しました。

2016.12.10:学芸大学BOOK AND SONSにてフリーマーケット出展しました。

古いカメラや電卓、オリジナル文具やカスタム文具、手作り名刺スタンプ提案などを出店。

その中で大変好評だったオリジナル名刺スタンプサービスのご案内です。マンツーマン形式でご来店のお客様へのカスタムオーダー名刺です。珈琲一杯サービス付き。

名刺

各種紙材名刺

詳しくは次のページをご覧ください。
手作り名刺スタンプ

BOOK AND MARKET
http://bookandsons.com/blog/shop-info/book-and-market-2016.php

測量野帳でチョークアート

50年以上も変わらぬ仕様で作り続けられている測量野帳。ザグリでは文具も置く予定でして第一弾としてセレクトしたのが測量野帳。基本的には建築現場用のポケットサイズの40頁の手帳で、コクヨのロングセラー商品です。もちろん文具としての用途でも使われています。

基本的には緑色のカバーで、中の紙の罫線によってTRANSIT BOOK、LEVEL BOOK、SKETCH BOOKの3種類、その他、紺の表紙のバージョンがあります。更に雨の日の使用を想定した赤や黄色、茶色のカバーの耐水性の紙を使ったバージョンもあります。ちょうどポケットに入るサイズで表紙のカバーが固いので立って書くのにも適した作りです↓。
測量野帳コンプリート

緑系のラインナップ。真ん中にあるのは廃盤になって今では入手困難な「OFFSET BOOK」。ロゴも昔のコクヨで当店では2種類の昭和時代の測量野帳をデッドストックしています↓。
測量野帳

測量野帳の縦開き廃盤バージョン「OFFSET BOOK」。未使用品↓。
OFFSET BOOK

当店ではチョークアートの下書きとして使っています。SKETCH BOOKが細かい方眼紙なのでとても使いやすい。写真に写っているチョークも工事現場用です↓。
測量野帳へメモ

チョークアート下書き↓。
測量野帳とチョークアート

チョークアート完成。3作目↓。
チョークアート完成

4作目ラフスケッチ。測量野帳の目盛りはホント書きやすい↓。
測量野帳下書き

4作目完成↓。
チョークアート看板

純正専用カバーも店頭に置いてます。測量野帳がどんなものか見たい人は是非!よそではまず見ることのできない廃盤野帳も拝めます。

また、今後はエンボス加工や箔押しなど店内でカスタマイズ予定です。ワークショップも予定してますので興味のある方は問い合わせください。

木工造作&ブックカフェ

店内脚立製作中です。

脚立を製作中です↓。
脚立製作中

カスタム脚立の完成↓。
脚立

店の前に置きました↓。
脚立

壁の本棚も製作しました↓。
壁の本棚

木工細工で使う螺子はいろんなサイズを使うため効率よく収納↓。
螺子セット

こういう具合に壁に本棚を作りました↓。
壁の本棚

文字の本を置いてみました↓。
タイポグラフィ本棚

狭いながらも500冊以上の本を収容することができました。ほとんどすべて文字に関するタイポグラフィ書籍です。ネットでは公開しませんが超稀少な文化財級の古書もたくさんあります。専用の脚立(有料)を使って閲覧可能なブックカフェでもあります。閲覧希望者は店内で申し出てください。

チョークアート1

昨日描いたメニューがイマイチだったので描き直し。まずはチョークで薄くガイドラインを引いて行きます。まだ不慣れなためこうした線を書くのもひと苦労ですが大工仕事で使っているL型金尺(差し金)が2cm巾で等間隔の線を引くのにちょうどよい↓。
チョークアート下書き

ガイドラインに沿ってレタリングです。円弧状にタイポグラフィ。レイアウトやアキのバランスは直描きのため適当。ノートに下書きとかするといいんでしょうけど2度手間だし面倒なので直接↓。
チョークアートメニュー下書き

完成。所要時間2.5時間。単純作業のガイドラインに30分位かかっているため今後は何かもっと効率的な方法を考える必要があるかも。チョークで描いたのは2回目ですのでチョークアートというほどのものではないですがロゴのデザインやフォントのデザインをする時は紙に描くこともあるのでチョークの特性に慣れて行けばいいのでしょう。しかしチョークで細かい文字を描くのは思いのほか大変です↓。
チョークアート完成

店の前に鎖でぶらさげました↓。
チョークアートメニュー

しかし近年パソコンしか使ってないので手描きで何かモノを書くという機会は減りました。今回のカフェオープンをきっかけに手描きレタリングメニューを描いていこうと思います。

開店5日目

まだ土日しか営業できてない状況ですが店内がだいぶできてきました。そしてまたまたお祝いの花をいただきました。ありがとうございます↓!
お祝いの花

先週のゆうやけ市に続き今日もメニューは手描き、チョークアートです↓。
チョークアートメニュー

新メニュー生クリームたっぷりココア登場です↓。
生クリームたっぷりココア

本棚にはタイポグラフィ本を陳列。職業柄何十年もデザインや文字本を集めていましたが、今迄ほとんどを処分してしまった中、何冊が残しておいた書籍類です。中にはすごいお宝もあるのですが多分気がつく人はいないと思います。あと半世紀以上前の小型活版機や1世紀前の手動式計算機、昭和のLED電卓など貴重なモノを置いてます↓。
店内タイポグラフィ本棚

アトリエ部分には半世紀以上前の昔のミシン。足踏み式にモーターを換装した機械で現役です。革も縫えます。もう一つのアトリエには重量級の工業ミシンがありますが重すぎて店には持って来れないためこの小型機を置きました↓。
店内奥からの眺め

今日ようやくテーブルを作りました。タモ無垢材に鉄製の脚です。これで、カウンター3席、テーブル4-5席もなりました。全席禁煙です↓。
店内テーブル

ゆうやけ市2016

開店してからというものまだ店内造作中で休日しか営業できていませんが2016年11月13日の今日は阿佐ヶ谷名物、「ゆうやけ市」というお祭りですのでお店を開けました。

まずは看板の用意。前日に浅草橋や合羽橋に黒板を見に行きました。赤と茶色と黒が欲しかったのですが思うようなのがなかったので画材屋で水張り用パネルを買って黒板用ペンキで塗って手作り↓。
黒板作り

早朝のゆうやけ市。誰もいません↓。
ゆうやけ市

白墨で看板ラフ。懐かしい。チョークを使うなんて何十年ぶりでしょうか↓。
チョークで看板描き

黒板にはあまり描いたこともないのでこんなに描くのは初めてですね。合羽橋で飲み物材料の仕入れやら仕込みやらでパツパツのスケジュールでしたが2時間位で3枚即興手描き↓。
チョークで看板描き

こんな感じで店の前に吊るしました↓。
チョークで看板描き

次はメニュー描きです。手書きでメニューを描くのなんて初めてです。定規で線を引いて下書き↓。
チョークでメニュー描き

下書きをベースに描きこんでいきます。レタリングです。懐かしい↓。
チョークアートメニュー

ポスカの細字ペンで飾りケイなど描きこみました↓。
チョークアートでメニュー

ラテとメニュー↓。
看板メニュー

3色の手作り黒板に白墨でメニュー完成。最近ではチョークアートというらしいです↓。
チョークアート看板

阿佐ヶ谷の旧中杉通り(松山通り)、ゆうやけ市の2016年。店の前は終日こんな感じでお祭りモード↓。
2016年ゆうやけ市

お客さんが入っている様子を外から客観的に見ました。入口全開放モードで店内丸見えな日↓。
ゆうやけ市

今日は用意したココア100杯以上完売でありがとうございます!

店じまいした後のお店の様子↓。
カフェ・ザグリ

今後ともカフェ「ザグリ」をよろしくお願い致します。

開店3日目

今日は和文タイプライターでメニューを打ちました↓。
タイプライターでメニュー打ち

これは珍しい。なんと平仮名の打てるタイプライター↓。
平仮名タイプライター

手動機械式計算機↓。
機械式計算機

イギリス製の活版機。これでショップカードなど印刷するつもりです。電気使いません↓。
ADANA活版機

文字を作っています。店頭でも販売中↓。
明治教科書CD-ROM

機械式レジ。電気使わないのに印字までできるというレトロな高性能機器。百年の伝統がある日本製レジスターです↓。

というわけで店主のこだわりの数々を展示中。普通はまずお目にかかることはない店主コレクションの珍しい品々をこれから展示予定。